XL2ファーストインプレッション

2004/11/09 00:34 - カテゴリー: ビデオシステム - 投稿者: ナオ@Webmaster
とりあえず、今までのXV2を使うのがイヤになりました(^-^;)1099928041

日曜日にITMでテストしてみました。最初は家の近所でちょこっと撮影する程度にしておこうと思ってました。取説もほとんど読めてないですし(^^ゞ。でも、取説を熟読しなくても基本的な部分は直感でオペレートできないようでは困りものという観点から、思い切ってイキナリ空港に持ち出すことにしたのです。

というわけで、主にXV2との比較について思いつくままに列挙してみました。ただし、あくまで旅客機撮影を前提とした評価ですし、所詮は主観です(^-^;)。

▼オートアイリス:信頼できます(^^)v
→XV2はかなり過敏な動作でしたが、こちらは自然です。少々明るい部分がフレームに入り込んでも、それで急激にアイリスが絞られるようなことはありませんでした。
#マニュアルの操作系はXV2より格段にいいわけですが、皮肉なことにマニュアルの出番は少ないかもしれません(汗)。

▼光学式手ぶれ補正:XV2よりイイかも。
→XV2よりもさらにブラッシュアップされたような挙動です。三脚使用のゆっくりとしたパンニングで誤動作することもありませんし、常時ONで問題ない気がします。

▼カメラのバランス:評判以上に悪いと感じました(~_~;)。
→肩に担ぐと、今までの業務用だとカメラの重量が肩にまとわりつくというか、心地よい重みがズシリときたものですが、そういった感触は全然ありません。バランスが悪いというよりバランスが無いという感じかも(笑)。当然ですが、三脚に載せた場合もフロントヘビーです。ちょっと油断すると、前に傾いでしまいますので、撮影時は十分な注意が必要です。

▼カメラのサイズ:思っていたよりかさばります(*_*)。
→手持ちのキャリングケースの関係で、カメラを本体+レンズ、レンズフード、ファインダー、マイクに分解しなければなりません。まあ、これは私的な事情ですけど(笑)。なお、マイクはファインダーに取り付ける構造ですが、マイクをいったん取り外さないとファインダーを本体から外せません(^^;)。

▼画質:旅客機撮影には必要十分な水準かと(^^)v。
→当たり前ですが、XV2より解像感は高いです。レンズの威力も大きいかも。

▼レスポンス:電源ONからファインダーが明るくなるまでがちと遅い。

▼スタート/ストップボタンの位置が手探りでは分かり難い。
→三脚使用時にはハンドル上の同ボタンを使用することになりますが、ちょっとツライものがあります。三脚のハンドルに取り付けるリモコン使用を前提にしているのかもしれません。

▼三脚使用時にレンズグリップのズームレバーを操作しづらい。
→レンズそのもののズームリングではなく、業務用カメラではレンズのグリップ部になっている部分のズームレバーです(^^;)。ちょっと、指が届かない感じです。

▼XV2からの買い換えは……(?_?)
→XV2で物足りない「上級者」にはオススメ。ただし、20倍ズームはワイド側が全然足りないので、汎用性は乏しいかも。

▼HDVのFX1との比較は……(@_@;)
→対決してみたいですね(笑)。どなたかFX1のユーザで関西在住の方、「セッション」しませんか(^^)。
#ただ、画質そのものの追求じゃなくて、画づくりを含めた「映像表現の多様さ」という点では明らかにXL2に軍配が上がるはずです(^_^)v。

……てな感じですか。まあ、2時間ほど触ってみただけですので、使い込めば、他にもいろいろメリットデメリットが見えてくるとは思いますが。少なくとも、取説なしでもなんとか撮影が出来たという点で、それなりにこなれた操作系という評価はできるのかも(‘.’)。

いずれにしても、総合評価では、期待を裏切らないというか、やっぱりすごいカメラ!だと思いました。最初にファインダーに映し出された映像を見た感想が、「をを、買って正解!」でしたから(・∀・)! 。

とりあえず、サンプル画像を1枚貼っておきますね。XV2のように静止画撮影機能はないので、動画を普通にキャプって、jpgに変換しただけのものですけど。当然ですが、レタッチは、見た目が16:9を再現するために、横幅を720から854にしただけで他は何も触ってません(‥ゞ。

ご覧のとおり、16:9にチャレンジもしましたよん♪


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索