伊丹ジャンボまつり2 ヽ(゚∀゚)ノ ワーヽ(゚∀゚)ノ ワー

2014/01/13 12:47 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
お帰りなさい、そして、さようなら ( ;∀;)/~~

その1からのつづき)

さて、スカパー「星空の丘」にスタンバイしました私ですが、実はここでジャンボを撮影するのは始めてだったりします σ(^◇^;)。と書くと伊丹ベースでモヒカンジャンボまで撮っているはずの私がどうして?と奇異に思われるかもしれませんね。これつまり、スカパーはジャンボの乗り入れ制限以降に完成したからなのです (b´∀`)b。

ということで、降りをスカパーで狙うってのは早くから私の中では決定事項でした。そういえば、787のテストフライトを狙ったのも同じスカパーの「星空の丘」でした ( ̄ー ̄;)ゞ。

▼この日の撮影プラン

羽田からのフェリーイン、遊覧飛行離陸、遊覧飛行着陸、そして、羽田へのフェリーアウト。都合4回のチャンスがあるわけです。かなり迷ったのですが、結果的にフェリーをスカパー、遊覧飛行を梅田スカイビルと2箇所に決めました。

世紀の大イベントであり、どの撮影ポイントも大混雑が予想されます。一度確保した撮影ポジションもそこを離れてしまったらアウトでしょうし、その意味では、朝イチにスカパーで降りを狙うなら、もう終日スカパーで居座ってしまう方が安全ではあります。

しかし、スカパーの上がり下りをのぞけば、ターミナル送迎デッキ、千里川土手、スカイランドHARADA、猪名川土手、エアフロントオアシス下河原と、著名なポイントでは全部撮影済みだったりします。ってことで、ちょっと冒険して「大阪らしさ」にこだわってみようかな、と d( ̄  ̄)。

それで思いついたのが、梅田スカイビルの屋上だったわけです (* ̄ー ̄)v。

▼梅田スカイビルの下見とリハーサル

梅田スカイビルには本番前、三回も訪れたのでした(;´∀`)。一回目は様子見で、コレは使えるゾと確信しました。滑走路まで丸見えだったからです。つまり、大阪の市街地上空をかすめて空港に向かうアプローチはもちろん、そのタッチダウン風景、滑走路から離陸するシーンまで全部収録できちゃいます。もちろん、高倍率テレコンを使ってもさすがに離陸機は豆粒ですけどね (^ω^;)。

二回目は実際に1.8倍高倍率テレコンを装着したカメラを持ち込んで撮影テスト、そして、三回目はゴリラポッドに固定したサブカメラのテストというあんばいです d(・ω・´d)。

三回目のテストが発生したのは、どうしても「引きの絵」が欲しかったからです。つまり、「大阪らしさ」の表現のために梅田スカイビルを選んだわけですが、超望遠撮影だけだとその「らしさ」がスポイルされちゃうからです。

とはいえ、高倍率テレコンを装着したままだとケラレが発生するのでワイド側に引けません。となると、もう一台カメラを用意するしかないわけです。三脚を二本セッティングするのも迷惑な感じなので、サブカメラはゴリラポッドにしたわけです Σ(・∀・ )。

……ということで、実際の成果を下記にまとめました。↓

▼キャプチャ

▼【期間限定】伊丹ジャンボまつり【翼フリフリ・ウルウル】 ANA 747 at Itami

この動画は期間限定です。そのうち削除するつもりなので、お早めにご覧くださいませ。今進行しているDVDとは別のDVDが実現したら、そちらにはフルバージョンを収録することができると思います。

「伊丹ジャンボまつり」には、本当にいろいろなエピソードがありました。機会をみて、順次ブログの記事にしていくつもりです ( `・∀・´)ノ。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索