Canon XA20 夜景テスト |ω・)っ その3

2013/06/18 11:20 - カテゴリー: ビデオシステム - 投稿者: ナオ@Webmaster
いつもの猪名川土手 (`・ω・´)∩

夜景テスト3日目は、猪名川土手へ出撃でした (`・ω・´)b。ここはB滑走路(R/W32L-R/W14R)の北の端っこにあたり、大型機の離陸をダイナミックにフォローできるポイントです。ちょっと北側へ移動すれば滑走路の軸線の延長上、つまり離着陸を真正面から狙えるポイントもあります♪

しかし、このポイントでの「離陸ドアップフォロー」はなかなかの難モノであり、相当練習しないとカタチになりません (^ω^;)。その意味では、ここでくだんのワザが出来たら一人前って、胸を張れるのかもしれませんね(笑)。

XA20は初めてのチャレンジとなりますが、きちんと手ブレ補正が機能してくれたので難なくクリアです (* ̄ー ̄)v。日没前から何カットか離陸フォローを撮影後、真正面ポイントに移動しました。↓

XA20は些細なことですが、タイムコードが表示されます。つまり、1/30秒ごとに数値が変わっていくため、記録がスタートしたという確認が瞬時にできます。RECの赤ランプよりも数字が動いてる方が安心できるのですよね。タイムコードでなければ、最大1秒待たされるわけですから、この差は大きいです (゚д゚)(。_。)。

さて、この日の動画です。真正面からの夜景は初公開かもしれません。実は以前にFZ200でも撮っていたのですが、未公開だったのです ( ̄ー ̄;)ゞ。

さすがにこのポジションでは、離陸機をずっとフォローし続けるのは不可能であり、どこかでフレーアウトさせなければなりません。その「機体を画面の外に追い出す」処理ですが、アップのままか、ワイド側に引くのかは悩ましいところですね (^ω^;)。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索