今さらながらキヤノンG20雑感 Σ(・∀・ ) その1

2013/05/18 23:59 - カテゴリー: ビデオシステム - 投稿者: ナオ@Webmaster
やはり望遠スペックで妥協はムリ (´д`|||)

▼喉に刺さった小骨のごとく――キヤノンG20 (´д`)

もうみなさんご存知だと思いますが、キヤノンG20は購入したものの、結局手放してしまった私とすれば「ハズレ」と位置づけざるを得ないモデルでした ヽ(;▽;)ノ。

しかし、そのベースとなる画質の良さやキヤノン独自の操作系に慣れてみると、後継機といいましょうか嫡流モデルである、XA25/20(→過去ログ)への期待がいやがうえにも高まったのでした(←現金なヤツ… ^^;)。

要は主にレンズのズーム倍率が主たるダメ出しのポイントであって、その他の面では、まあ許容範囲内だったわけです。つまり、旅客機動画においては、いかに「望遠性能」が重要かということですね (´∀`)b。

私がG20を導入したとTwitterでつぶやいた後、ずいぶん反響があって驚いたものです (^ω^;)。結局、「やたら高画質らしい」という評判だったり「結構お安い!」という実勢価格から、注目していた人が旅客機動画クラスタで多かったわけですね。みなさん考えることは同じだったようで ((((((^▽^;)。

私もそうですが、導入を見送ったら見送ったで『ああ、あの時G20に決めていれば……』と後悔しそうです (ノ∀`)。シカトすればいいのに、実際には気になって気になって仕方がない……いわば、喉に刺さっった小骨のようです (^ω^;)。

カメラの人気モデルってそういう「魔力」があるのですね。ですから、結果的には人柱になれてよかった(笑)な、と ( ̄ー ̄;)ゞ。

ということで、ブログでもG20について総括しておこうと思った次第です。当初は連休中に記事をまとめるつもりだったのですが、母のお葬式などで延び延びになってしまいました m(_ _;;)m。

▼望遠スペック以外はまずまずの満足度 (* ̄ー ̄)v

まずは、開梱時の写真です。コンパクトなボディはメインで使っているFX7のサイズですら持て余し気味だったことを考えるとウレシイ限りです。付属品にHDMIケーブルが入ってるのも助かりましたね♪

そのFX7との比較です。レンズフードのバリアは、レバーを上げると開くFX7に対して、下げると開くG20と正反対です。ささいなことですがちょっと戸惑いました(汗)。

そして、空港での臨戦状態です(笑)。オプションのズームマイクは購入当時、全国的に品薄だったようです。ちなみに、このマイク、専用のインテリジェントシューを使うため、XA25/20では装着できません。

操作系はメニューの奥深くまで辿らないといろいろ設定を弄れないという、最近の家庭用ビデオカメラに共通する方式になっています。本機においても、左上の「FUNC」ボタンをタッチして次の階層に移らないと設定が変更できません。

右下に直前に操作していた機能が表示されるので、それを活用すればある程度スピーディーな操作も可能ですが、やっぱり物足りませんね Σ(´д`*)。

XA25/20では個別の機能を割り振れる「アサインボタン」が増えてますので、この点では改善といってよいでしょう♪

そして、このタッチパネルですが、反応がイマイチと不評のようで、実際、XA25/20では静電容量方式タッチパネルに仕様変更されています。でも、現行方式でも手袋を装着したままでもある程度の操作ができるという点では、私的にはベンリだと思ってました。

▼期待していたデジタルテレコンは…… (´д`)??

実際に撮ってみますと、慣れない操作系に当初は戸惑ったものの、きちんとマニュアルでいろいろな設定ができるのは、やっぱり快適でしたね♪

NDフィルター内蔵とか、LANCによる三脚リモコン対応、音声レベルの手動コントロールなども今や家庭用カメラでは「滅び行く機能」であり(汗)、しっかりと装備されている点は好感が持てました (´▽`)。

パワーズームの設定がいろいろと弄れるので超スローズームができたりするのは、今メインで使っているHDR-FX7でもムリなことなので超ベンリですね (* ̄ー ̄)v。

ただし、手ぶれ補正はちょっと難がありました(汗)。これについては次回の記事で書きます。

問題はやっぱり足りない望遠スペックでした Σ(´д`*)。基本的な機能のチェックが終わり落ち着いたら純正のテレコンを購入するつもりでした。また、デジタルテレコンも案外使えたりして……というスケベ心も ┐(´∀`)┌。

しかし、別記事(→リンク)で記したように、テレコンは純正を含めて難アリという情報がもたらされたのでした ∑(゜ロ゜ノ)ノ。

そして、ワラをもすがる思いでテストしてみたデジタルテレコンも……ダメダメでした (#/__)/ ドテッ。

この比較キャプチャは、まずテレコンオフの状態でテレ端で撮影、その画角を記憶を頼りにテレコンオンで再現したものです(;^ω^)。

※サムネイルをクリックすると原寸画像にリンクします。

この比較キャプチャは先行してTwitterで公開しましたが、多くの「G20期待層」の方々をがっかりさせたようです。ていうか、一番ショックだったのは私自身なんですけどね Σ(゚д゚lll) 。

でも、イメージセンサーの画素数からデジタルテレコンオン時にどの程度の画素を配分できるのかぐらい、冷静に考えれば分かりそうなものだと後になって自己嫌悪に…… ヽ(´ー`)ノ。

その2へつづく)


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索