EOS 7Dの思い出 ( ´∀`)/~~ (その2)

2013/02/25 23:43 - カテゴリー: 総合 - 投稿者: ナオ@Webmaster
いつかはデジイチユーザ復活 (`・ω・´)∩

その1からのつづき)

▼FX7を超えられなかった7D (´д`|||)

奇しくも「7」つながりだった、HDR-FX7(デジタルビデオカメラ)とEOS 7D(デジタル一眼レフ)……。二択となると、やっぱりFX7を選んでしまいまいた ((((((^ω^;)。

どんなシステムにも長所と短所があるわけでして、長所の部分だけ美味しくいただくような使い方をすべきでしょう。とりあえず、私の場合、その1で書いたようなもろもろの理由から、7Dは夜景専用のサブ機にしかなれなかったのです (;´д`)。

さて、ここで旅客機撮影という世界に向いたシステムを考えてみましょう、求められる機能を映画向けか報道向けかとで強引にチョイスするなら明らかに報道用途でしょう。このジャンルはENG(Electronic News Gathering)として確立されており、多数の機材が展開されています。

ENGの発想だとカメラはそれ自体で完結します。ズームレンズを使うので、基本的に交換レンズは持ち歩きません。このため周辺機器といえば、外付けのマイクやレンズを操作するためのリモコンを三脚にセットする程度だからです。

しかし、デジイチだと……うーん、まずは交換レンズでしょ、それからファインダーが光学式で使えないし、ライブビューの液晶はアングル固定だから、外付けの液晶も欲しい、レンズの操作に難があるから、フォローフォーカスなどのリグも欲しい……。こんなゴテゴテとデコレーションした機材一式を抱えてだと、少なくとも旭川の雪原での撮影は無理でしょうね Σ(´∀`;)。

スタジオやセットで役者さんなどを一カットずつじっくりと積み上げていくことが基本の映画に比べて、過酷な屋外撮影で状況は刻々と変化しており、ある意味「相手任せ」……まさに旅客機撮影はENGといえるのです (`・ω・´)b。

▼フィギュアの写真撮影でも今ひとつだったデジイチ (〃▽〃)

もうひとつの用途だったフィギュア写真には活躍したのかと?といえば、実はこちらも今ひとつだったのです。私は単純にコンデジより撮りやすくてしかも高画質……というイメージを抱いていたのですが、さにあらん (^∀^:)。

フィギュアと乗り物など景色と組み合わせるためには、小さいフィギュアをうまくフレーミングする必要があります。デジイチは被写界深度がコンデジよりも浅いため、それだけピントが合いづらくなってしまうのです。もちろん、絞るというテクニックもあるわけですが、それとて、パンフォーカスに近いコンデジを凌駕するものではありません (´д`|||)。

コンデジならレンズ前1cmでもピントが合うなんて朝飯前ですが、デジイチなら基本的にマクロレンズが必要です。デジイチで撮ってる先輩諸氏にピントの問題をたずねてみたところ、デジイチは画素数が多いからネット用に縮小するとピンぼけも気にならなくなるって回答が……。それって根本的な解決ではないですよね (〃▽〃)。

要はデジイチできちんとフィギュア写真に取り組もうとすると、マクロレンズ等のさらなる投資に加え、いっそうのテクニック向上が求められるわけです。私のフィギュ撮影の場合、屋外が基本ですから、一撃離脱といいましょうか、要するにあまりセッティングに時間をかけられないケースがほとんどなのですよね ( ̄ー ̄;)ゞ。

屋外といえば、液晶がバリアングルでないと不便。これは痛感しましたね。「愛があるなら匍匐前進スタイルで腹ばいになって撮れよ!」というご高説はごもっともですが(汗)、屈んで撮るのとでは全然周囲の印象も異なります。もちろん、人の少ない時間帯やタイミングを狙うのは当然なのですが、腹ばいになっていたりしたら遠くからでも目立ちますからね (^∀^ヾ。

もちろん、ニコンD3でフィギュア写真を撮ってらっしゃる御仁もいらっしゃいます。それなりの機材を使いこなすには、それなりのテクニックやセンスが求められるということなのでしょう (゚д゚)(。_。)。

ということで、私が現在フィギュア撮影に愛用しているカメラはソニーのDSC-HX100V。コンデジというかネオ一眼ってカテゴリーですね。

これ、実はFX7のサブ機として動画撮影にも使っているのです(汗)。くだんの裏面照射型CMOS搭載ですので、夜景に関してはFX7よりキレイに撮れちゃうからです。

……とまあ、写真においても7Dの出番がなくなっちゃったわけですね (;´Д`)。ネオ一眼クラスが馴染むって感じなのです。もちろん、私のフィギュア写真限定のお話ですし、現状でのベターなプランと言いましょうか、途中経過って感じですけど(´・Д・`)。

▼デジイチ動画をバリバリ使いこなしている人もいる (*゚▽゚)ノ

誤解のないように書いておきますが、私は7Dやデジイチ動画を否定するつもりはありません。要するに道具こそ適材適所、使い手の目的によって相性もあるってことですね♪

私のようなフィギュア写真ではなく、普通に旅客機や子どもさんの写真をキレイに撮りたくて導入するなら、デジイチは理想的な選択でしょう (*’∀’*)。その上で、動画も楽しめるわけですし、何度も書いているとおり、動画専用機には撮れない夜景が捕獲できる……なかなか魅力的です (b´∀`)b。

今後は、デジイチ動画をきっかけに動画撮影にハマり、動画専用機に手を出すような展開がポピュラーになるのかもしれませんね。

さて、次の埋め込み動画ですが、ぼんぼんさんが7Dで撮影されたサンプルです。ぼんぼんさんも基本的に動画クラスタの方とお見受けしておりましたが、写真撮影にも目ざめ、7DとEFレンズを導入されたとのこと♪

▽ぼんぼん氏のサンプル

いやあ、これはイイ感じじゃないですか ヽ(゚▽゚)ノ。こういう成果が出るなら私の7Dも売却しなければよかったと少々後悔…… (゚-゜)\バキ。

そういえば、7Dもマーク2のウワサがちらほら……。前述のとおりフィギュア写真用にはネオ一眼で間に合っているわけですが、旅客機撮影における夜景の追求といった用途にデジイチの復活も実は考えていたりします σ(^◇^;)。

ただし、それには前述の「譲れない条件」として、60iか60P、パワーズーム、バリアングル液晶があげられます。それと、フィギュアに留まらず写真撮影もいろいろ幅を拡げて行きたいと思ってますので、ビデオカメラスタイルのソニーNEXなどはちょっとと思ってます(・◇・)ゞ。

そうなると、現行モデルで選ぶなら、ソニーのα99でしょうか……。レンズも含めると高い、高すぎですけど(自爆)。でもマイクロフォーサーズでいいなら、パナソニックのGH3も上記要件を満たしているのです♪ もっともGH3は三脚と接続できるズーム有線制御に対応したレンズやリモコンがありません Σ(・Д・;)。でもペアを組む「サブ機」があるなら、日中は超望遠専門と夜景専門という役割限定でいい感じに使えそうなのです。

実は今テストしているカメラですが、将来、超望遠領域で使えるカメラを追加導入する前提であるなら、サブ機として活躍してくれそうな感じなんですよね ((o(´∀`)o))ワクワク。

さて、今は亡き(汗)、EOS 7Dについて脱線しつつも長々と語ってしまいました (;´∀`)。ひとつ言えるのは、7Dは動画ひと筋だった私の経歴において、写真も極めてみたいと思わせたキッカケとなったわけです。私にとっては忘れられない名機であることは間違いありません (`・ω・´)b。


関連すると思われる記事:


3 件のコメント: EOS 7Dの思い出 ( ´∀`)/~~ (その2)

  1. KONDOH says:

    ご無沙汰しています。
    私もデジイチの動画モードをほとんど使いません。
    動画はやはり専用機で撮りますので。
    一応デジイチの動画はα77(60p)、7D、D800 etc. で撮ってはいますが、テストという意味です。
    動きの速い被写体に30pはやはり苦しいですね。
    α77はやはり滑らかでした。
    BS「世界の街道を行く(EOS Movie)」をたまに見ますが、動いている車からのシーンでは、風景の流れ方が30pの動きになって私には見苦しいです。
    でも、ビデオに関心がない普通の人(笑)にとっては、そんな事気付くはずがありません。(^^;

    • をを、こちらこそおひさです ヽ(゚▽゚)ノ。

      αをお使いだったのですね。77の動画は基本画質はさておき、マニュアルモードが今ひとつ使い勝手が悪いという評価のようですね。

      特殊な目的(例:夜景や魚眼)に使う分には俄然パワフルなんですけど、オールマイティーに使うにはちょっとムリがあるってことなのでしょうね。

      またお気づきの点があればどんどんコメントしてくださいませ (`・ω・´)b。

      それと、近日東京オフがあるかもしれません。またご案内させていただきますね♪

      • 追記。スミマセン、今月の上京は平日になりそうです。ということで、オフ会の開催はなさそうです。取り急ぎご連絡まで。

  • ▼キーワード検索