【冬・北海道2013】ひさびさの函館空港 (`・ω・´)∩

2013/02/12 13:06 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
撮影機材トラブルにもめげず面白いカットも♪

今日は夜行バスで函館入りしました。都合よくバスの終点が湯の川温泉で空港の近く(……といっても1キロ程度離れてますが… ^^;)だったので、函館駅前ではなく「湯の川温泉北」まで乗ることにしました。早朝着であり、どこかで時間調整を兼ねた休憩をしなければなりません。

休憩という観点だと函館駅前の方が何かとベンリなのはわかりきっているのですが、朝8:00までには空港南側の撮影ポイントにたどり着くことを考えると、湯の川温泉しか選択肢はなかったのです。なぜかといえば、函館駅前からだと始発のバスや市電でも間に合わないからです ( ̄ー ̄;)ゞ。

それで宿も湯の川温泉にしました。旅館って一泊二食付きがキホンなので高額なイメージがありますが、最近はビジネスプランと銘打って、素泊まりや朝食のみのプランもあるのです♪

……こうして、湯の川温泉までやってきたわけですが、まだ早朝で空は真っ暗。雪は振ってませんでしたが、バス停から予約してある旅館までの行程で迷ってしまいました(泣)。相変わらずの方向音痴ぶりです σ(^◇^;)。

勝手がよくわかってない街で大量の荷物を抱えて道に迷う事ほど心細いことはないですね(つд`;)。なんとか旅館を見つけた時の嬉しかったこと ヽ(゚∀゚)ノ ワー ヽ(゚∀゚)ノ ワー。

荷物を預かってもらって、7:00すぎまで休憩することにしました。新説な中の人が温泉で暖まっていかれたらどうですか?と声をかけてくださったのですが、さすがに湯冷めしそうなので、遠慮しておきました (^ω^;)。

旅館から撮影ポイントまでは雪の中を歩いてみることにしました。ちょっと空港周辺の様子を調べておきたかったので。でも、身軽になったとはいえ、7kgの三脚を抱えていますからそれなりに大荷物といえ、雪道をとぼとぼ歩いて向かうのはなかなかの苦行でした (;´Д`)。

さて、ご存知のとおり、函館空港は送迎デッキがアクリル板で覆われているため、撮影には使えません。したがって、今回も空港南側の高松展望広場で撮影しました。オープンの朝8:00から11:00ごろまで粘ったわけですが、ひさびさの冬の函館、なかなか手ごわかったです (;´∀`)。

上記画像は高松展望広場の様子ですが、フェンス前の樹木が伸びすぎてそれでなくても撮りづらくなってしまっていたのです (ノ∀`)。そして、吹雪いたり止んだりという猫の目のようにクルクル変わる天候。さらに、天候もさることながら、旭川で酷使したビデオカメラがとうとう音を上げました。三脚取り付け部の台座が壊れてしまったのですね (〃▽〃)。

三脚取り付けのためのワンタッチシューのアタッチメントなら予備を持参していますが、カメラ側の座金が壊れてしまったらどうしようもありません(つд`;)。

ガムテで応急処置をしたのですが、どうしてもグラグラしてしまい、特にカメラを上部に向けるとガタガタと動いてしまうのです (;´д`)。

しかも、R/W30だと急角度上昇となり、伊丹猪名川土手のような難しさとなる高松展望広場ですから、これは厄介です(撮影機材の不具合発生については後日、別の記事でまとめる予定です)。

……といいつつ、なんとか面白いカットが収録できました (;´Д`A。

▽朝イチエア・ドゥはこの時期には比較的珍しい? R/W12でした。

▽函館で初の捕獲となる鶴丸

▽最後までフォローできた唯一のカット♪

しかし、上昇がうまく撮れないとなると、撮影続行は厳しいです。しかもグラツキはどんどん症状が悪化していってますし……。本当は昼前のB7まで撮りたかったのですが、断念してターミナルへ向かうことにしました。翌日の朝イチ便の到着もキャンセルせざるを得ませんね (´;ω;`)。

いろいろと謎の用事を済ませつつ、徒歩でターミナルへ向かいます。高松展望広場からターミナルまでは徒歩30分程度ですので、同ポイントだけでのロケを前提とするなら、レンタカーを用意しなくてもなんとかなるのです ( ̄ー ̄;)ゞ。

ターミナルでは雛飾りが展示されていました。もう3月も近いのですね~(*´д`*)。翌日のフィギュア撮影の下見を済ませたあと、今度はバスで湯の川温泉まで行き、ホテルに戻りました d(*´∀`)b。

温泉なんて何年ぶりでしょうね。湯上りのビールがウマかったのなんの(笑)。さあ、明日は大阪帰還であり、長い遠征も大詰めです (`・ω・´)∩。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索