【なつかしSF】エイリアン2 キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

2013/01/23 23:55 - カテゴリー: エンタテインメント - 投稿者: ナオ@Webmaster
恥ずかしながらレーザーディスク(死語)で保有してたりします σ(^◇^;)

(1/24 6:00 改稿)

シリーズものなのに、第2作だけ単発でTV放映というと、ちょっと唐突な感じではありますが、シリーズ中最高傑作といってもよい仕上がりの作品であり、 初めてこのシリーズをご覧になった方は初見でこの第2作に当たったのは実にラッキーだったと言えましょう (* ̄ー ̄)v。

なぜなら映画史上に残る名作だからです。録画を見なおしたのですが、やっぱりイイ。ていうかスゴイ(・∀・)!。30年近く前に制作されているにもかかわらず全然古さを感じさせませんね。

ぢつは、この作品、レーザーディスクで保有してます(笑)。もう死語かもしれないこの規格、何を隠そう「エイリアン2」を観たくてプレーヤーを買ったようなものだったのです σ(^◇^;)。

この作品、原題は「ALIENS」です。第1作が「ALIEN」でしたので、単に複数形にしただけ?とお思いかもしれませんが、その複数形に作品の根源といいましょうか大きな意味があります。

というのも、第1作はいうなれば「SFホラー」で襲ってくるエイリアンも一体だけ。でも第2作は「SFアクション」であり、エイリアンは集団で襲ってくるからです ((((((^ω^;)。

この作品は当然劇場でも鑑賞しました。当時のパンフレットが残っていたので一部をご覧いただきましょう。上陸用の攻撃機や装甲兵員輸送車、そして、登場人物たちが操るリアリティある銃火器といったメカも魅力的でしたね~ ヽ(゚∀゚)ノ。

メカの中でも「パワーローダー」は圧巻でしたね。このコマツ・フォークリフトが進化したというか、パトレイバーに出てくる多目的工作車両といいましょうか、とにかく実写ゆえの面白さが際立っていたと思います。

残念ながら、今回のTV放映バージョンでは、宇宙船がいきなり当該惑星に到着してしまい、主人公リプリーがパワーローダーの使い手(第2種免許のような上級ライセンスを保有)である伏線がバッサリ切られてしまっていたのです。そういえば、同様にアンドロイドのビショップの登場も切られていたため、やや唐突感がありましたね。

第1作では、アンドロイドがトラブルを起こしており、リプリーにとってはトラウマでもあるわけで、今回の任務でもアンドロイドがメンバーに加わっていることに当初は大いに反発するのです。しかし、最後にはそのビショップの活躍で難を逃れることが出来、その展開が見どころでもあったのですから。まあ、このあたりはTV放映の宿命といいましょうか、致し方ないところでしょうか ( ̄ー ̄;)ゞ。

さて、エイリアン2の劇場公開当時を遡ること3年、1983年の私の年賀状です。どれだけハマっていたか ((((((^ω^;)。↓

第1作の「エイリアン」は劇場では見る機会がなかったのです。気にはなっていたのですが……。で、SF好きの友人から絶対に観ておかないと後悔すると脅かされたので、名画座での上映を探してわざわざ京都まで駆けつけたのでした (^ω^;)。

今はなくなってしまいましたが、京都・一乗寺の「京一会館」という劇場でした。前述のようにSFであり、ホラーであり、とにかく上質の作品でした。それでハマってしまった私は、エイリアンのフィギュア(輸入物)をわざわざ買ったのでした。たしか8千円ぐらいしたはずで、全高50cmぐらいのビッグサイズでした Σ(・Д・;)。

そのトリセツの挿絵が上記年賀状の元ネタになったわけです。残念ながら、当該フィギュアは、誰かにプレゼントしちゃったようで手元には残っていません (;´Д`)。

考えてみれば、今はねんどろいどですけど、フィギュアコレクションの原点みたいなものだったのかもしれません。今と違って一点豪華主義でしたが。……などとイロイロな意味で、エイリアンという作品は私にとって思い出深い作品だったのです。LDはプレーヤーが壊れてしまったので、DVD買って見直したくなりました(笑)。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索