期待通りのイイ?アニメ・期待を裏切ってイイ?アニメ

2013/01/06 23:59 - カテゴリー: エンタテインメント - 投稿者: ナオ@Webmaster
宇宙戦艦ヤマト2199・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

昨年、イベント上映会というスタイルでスタートした初代宇宙戦艦ヤマトのリメイクシリーズ、「宇宙戦艦ヤマト2199」もいよいよ1/12(土)より第4章が公開されることとなりました ヽ(゚∀゚)ノ ワー 。

→プレミアム上映会情報(宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト)
→ストーリー第11話~(宇宙戦艦ヤマト2199公式サイト)

第4章では、11話から14話までの4本がセットになっています。なんと、第11わの冒頭10分が期間限定でYouTubeにて公開されています(・◇・)/~~~。

▽宇宙戦艦ヤマト2199第四章 冒頭10分

うわ、ガミラスのドメル司令は白色彗星帝国の艦隊と戦っていたのですね Σ(・∀・ )。旧作では、どこかの戦線といった感じで、地球以外の国家と戦っていることは表現されていましたが、シナリオ上では何ら具体性はありませんでしたから、これは実に興味深い展開ですね♪

さて、何度も書いていますが、この宇宙戦艦ヤマト2199は、旧作のセンスや設定などをいいとこ取りをした上で、現代の進化したテクニックで料理したリメイクであり、決して旧作を丸ごとトレースしたものではありません。

そのあたりが旧作の熱狂的なファンには不満に感じる部分なのかもしれません。実際、エグいほどのどぎついアンチの方々の活動が繰り広げられているのも事実です Σ(´д`*)。

作品の好き嫌いはどうしても避けられないことではありますが、自分で「ここが気に入らない」と主張するだけならまだしも、支持している人たちの人格を否定するような活動に及んだらもうお終いという気がするのですが ヽ(`Д´)ノ 。

まあ、私とすれば、少なくとも私は上手くリメイクが進んでいると思いますし、最終章を見終わるまでは軽々しく評価はできないと思ったりしています σ(^Д^;)。

===

他方、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を年末にようやく鑑賞することができました。これも話題作で、実は新劇場版シリーズを劇場で鑑賞するのは初めてだったのでした σ(^◇^;)。

で、新劇場版もリメイクなわけですが、これは明らかに先の2199とは方向性が異なりますね。というのも、全然別のお話になりそうな展開だからです。前作あたりからそういう気配はしていましたが、今回の「Q」で決定的となりましたね (`・ω・´)b。

それがいいのか悪いのか……これまた軽々に判断はできないところではありますが、私とすれば、そもそも初代のTVシリーズでやろうとしていたストーリー、これにまず作者として決着をつけてほしかった気がします。新しいストーリーはその後にやってほしい……という考え方ですね ( ̄ー ̄;)ゞ。

まだ観てない人もいるでしょうから、あまりネタバレになるような具体的なストーリーの説明はやめておきますが、「Q」を鑑賞して、ストーリーに着地点があるのか?( ゚ω゚ ) と不安になってきたのも事実なのです (´д`|||)。

いずれにしても、「宇宙戦艦ヤマト2199」にしても「Q」にしても書きたいことは山ほどあります(汗)。機会をみてぼちぼち綴っていこうと思います (´∀`)b。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索