写真展終了……狙い通りを具現化する難しさ Σ(´д`*)

2012/11/22 23:55 - カテゴリー: イメージダイアリー - 投稿者: ナオ@Webmaster
思い入れ(愛情)だけではどうにもならない現実 ( ̄ー ̄;)ゞ

(11/24改稿)

さて、降って湧いたようなチャンスに乗っかり、関係者のご尽力で実現した私の写真展が無事終了いたしました。身内だけじゃなくて、一部はネットつながりの方にもいらしていただいたようで、ありがとうございました。特に「お花」は嬉しかったです (*’∀’*)。

以前にも書きましたが、少なくとも写真についてはシロウトだと認識しており、「オマエごときが個展とは僭越だろ ヽ(`Д´)ノ 」というお叱りの声を甘んじて受けつつ(汗)、なんとか実現にこぎつけた次第です m(_ _;;)m。

来場者の大部分は画廊喫茶の常連さんで、「フィギュア写真」なんてのは見たことも聞いたこともない方々だったわけですが、それゆえに新鮮に感じていただいた面はあったのかもしれませんね。

多かった感想が「これCGで合成してあるんですか?」というもの。いえいえ、全部現場で一発撮りしてるんですよ (^∀^:)。まあ、撮影の現場がタイヘンだからといって、それが観客の共感を得られるとは限りません。それについては、後述します。とりあえず、写真展用にネット公開を控えていたカットを掲載いたしますね Σ(・∀・ )。

※サムネイルをクリックすると大判写真にリンクします♪

▽787との絡み(千里川土手)

▽伊丹夜景(スカイパーク)

▽改装が完了した東京駅(丸の内側)

▽E5系(大宮駅)

▽スカイツリー(浅草通りの歩道橋)

で、「写真の難しさ」ですね。これも以前にも書きましたが、「狙い通り」を現実にモノにする難しさは、正直動画の比ではありません ((((((^ω^;)。

こういってはナンですけど、旅客機の動画撮影なら、「撮りたいイメージ」をあらかじめ予定して、それに合わせて撮影ポイントに出撃、当然ながら一発で成功を決めて早々に撤収……という具合で、実にタスクがスムースに流れます。一度でも撮影経験のある空港なら特にそうですね (b´∀`)b。

ここしばらく「787@伊丹」を撮り続けてますが、これなどまさにそのパターンかと。要するに「狙い通り」が具現化してくれるわけです。

しかし、写真はそうはいかない…… Σ(´д`*)。もちろん、「こういう絵を撮りたい」というイメージはしっかりと出来ているのですが、それを実現するための撮影ポイントだったり、カメラの設定値だったり、小道具だったり、はたまた、気候の選び方だったり……そういった諸条件の「詰め方」がヘタクソみたいなのです (´;_;`) 。

実は、この写真展を契機にTwitterで絡んでいただいているアマチュア作家の方がいらっしゃるのですが、その方のお写真はホントにクールです。なんというか、被写体への愛情に溢れた写真を撮られるのですね。もちろん、カンタンにお手軽にそういった写真が撮れているとは思いません。

NGも重ねることもあるでしょうし、何度も撮り直しや試行錯誤を重ねた結果だということは分かっています。でも、きちんと結果が出せていることはとにもかくにもスゴイなあと思う次第です ( ̄ー ̄;)ゞ。

やっぱりセンスの問題ってのはあるのかもしれませんね (;´д`)。私は旅客機動画においては「機愛」をつねに主張してきました。つまり被写体への思い入れが良いカットをモノにするためのキモであると。でも、少なくとも私の写真においては、思い入れだけではどうにもならない現実の壁にブチ当たっているのです(´・Д・`)。

これはでも修業を重ねていくしかありませんね。写真でしか表現できない世界+フィギュア……この命題、いや難題は、重く私にのしかかってます ((((((^ω^;)。


関連すると思われる記事:


  • ▼キーワード検索