暑witter~ ι(´Д`υ)アヅー その2

2012/07/29 07:19 - カテゴリー: ネット&パソコンあれこれ - 投稿者: ナオ@Webmaster
みんなでフォローし合いましょう♪

その1からのつづき)

▼私のTwitter活用法 Σ(・∀・ )

さて、私のTwitterアカウントですが、壁紙を入れ替えてイメチェンしました。暑い日々が続いていますから、雪をテーマにしています。少しは涼感が出るんじゃないかと ((((((^ω^;)。

→Nao NakagawaのTwitter

私のTwitterは当初、このブログの更新情報を自動でツイートするだけのボットのような位置づけでしたが、最近では、メモ代わりに面白い記事や役に立つ情報をクリップする目的にも使っています。また、今後、遠征の実況はTwitterがメインになると思います。

ブログのシステムによっては、ウチのようにブログの更新情報を自動でツイートするだけではなく、Twitterのツイートをブログにまとめる機能も搭載されているようです。まあ、TwitterのWebページからコピペしてもいいわけですが、ともかく、こういった連携をすることで、情報発信の役割はもちろん、比較的気軽にブログ記事の元ネタ収集もできるわけです (b´∀`)b。

Twitterでブログの更新情報を流すというのは、ブログの更新頻度が低い人ほど効果的かもしれません(笑)。とにもかくにも、Twitterのアカウントを取得してフォローしてもらうよう広く告知していくことが必要ですね♪

▼Twitterべからず集 Σ(´д`*)

ところで、ツイートの内容ですが、当たり前すぎる日常の実況をやっていいのは、よほどの有名人だけでしょうねえ ヽ(´ー`)ノ。さして著名でもないただの旅客機オタクが、「ランチなう」とツイートしたところで、それがどないしてん ヽ(`Д´)ノ って感じでしょうから(汗)。

もっとも、それが何か意味のあるランチ……たとえば、空港に来てるとか、すごい高級レストランだとかなら、お話は別かと。要はアナタが発信して価値がある情報とは何なのか?という本質的な問題です。そのあたりの判断は、ブログを長年運営されている方なら言わずもがなではないかと ( ̄ー ̄)ニヤリッ。

しかし、どうってことのない日常の実況が受けているフツー人もいらっしゃるわけで、そのあたりは不可思議です ((((((^ω^;)。まあ、自分でやろうとは思いませんが、結局のところ、ツイートのスタイルも人それぞれってところでしょうか(´・Д・`)。

『何をつぶやこうが個人の自由』という考え方はごもっともです。しかし、同じツイートを流すなら、自分や周囲の人々の役に立つ内容にした方が建設的じゃないかと思ったりします(・◇・)ゞ。あと、短文でお手軽な分、誤解を招きやすいのがTwitterでもあると思います。炎上騒ぎは有名人でなくても起こりうるので、感情まかせのツイートは控えるべきでしょう。そのためには、必要以上に時事ネタに絡まないという姿勢も大切かと ( ̄ー ̄;)ゞ。

それについては、こんな記事もどうぞ (*´ω`)っ。

→窪塚洋介の文春批判に見る「ツイッターに向かない人」の特徴

あと、進んで実況をやろうという人には関係ないのかもしれませんが、ツイートの内容により、まったくの赤の他人がツイートしている本人を特定するということも可能だったりします。そんな記事もどうぞ (*´ω`)っ。

→【Twitter実験】つぶやきだけで個人を特定できるのか?

▼オススメTwitterはセントレア公式 ( `・∀・´)ノ

さて、最後に旅客機ファン向けオススメTwitterをご紹介しましょう。実用的なものはメーカーやエアラインなどイロイロとあるわけですが、Twitterらしい活用法という点では、セントレア公式をイチオシいたします (b´∀`)b。

空港の公式といえば、発着案内をボットで流したり、緊急情報がある際にのみツイートが流れてくるというイメージがありますが、セントレアのそれは、とにかく実況系です。天候や飛来機などのレポートがこまめにツイートされており、とても楽しみなのですね♪ これも、セントレアが空港ターミナル自体をテーマパークや観光施設のように捉えているからこそ出来る取り組みだと思いますが、なかなか大変じゃないかと思います ( ̄ー ̄;)ゞ。

そういえば、最近「お金がかからないネットで集客する究極の方法」という記事を読みました(→リンク)。曰く、『欲しがるもの満たすものを、適切な言葉と適切なツールで、欲しいと思った時に見つけられるように発信して教えてあげていることです。』とのこと。

その点でいえば、このセントレア公式Twitterは、それらを担う方策として、公式サイトを十分にサポートしているんじゃないかと思った次第です Σ(・∀・ )。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索