【怪談】ねとらじで聞く「祟り系」怖い話 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

2012/06/24 23:51 - カテゴリー: オカルト (^ω^;) - 投稿者: ナオ@Webmaster
怖すぎの特撰怪談を三つほど il||li (つω-`;)il||li

撮影ポイントをさがして野山をうろつき回るのはウチらの行動様式としてはよくある事かもしれません。しかし、ついうっかりと蹴ってしまったり、上に乗ってしまったりなど、粗末に扱うといろいろ「障る」モノってありますよね。たとえば、お墓、お地蔵さん、道祖神、鳥居、祠……その手のシンボルにはくれぐれも注意が必要かもしれません。

今回は「ねとらじ」のアーカイブより、祟り系怪談をいくつか集めてみました。ネタ元は「寄せ鍋宝屋」という番組ですが、なかなか地味に怖いお話が多く、現在までに公開されている第7回までのアーカイブを一気に聞いてしまいました (^ω^;)。

採り上げた「祟り系」怪談の他にも秀逸な怪談がぎっしりです。みなさんもぜひ ( `・∀・´)ノ。

▽遺跡で発掘された「歯」の祟り(by 宝屋さん)

第1回 寄せ鍋宝屋 3/4

http://www.voiceblog.jp/qzt03603/?il=10&io=20#1726905(0:34:50あたり~)

語り手さんが古墳発掘のアルバイトをしていた頃の体験談です。バイトに来ていたヤンキーのニイちゃんが『アクセサリーにする』と発掘現場からこっそり持ちだした「歯」。彼はその直後、原因不明の「歯が根本から腐る」症状に見舞われ、なんと若くして総入れ歯に。またアクセサリー業者の人も……。

▽庭の祠の祟り(by 比呂丸さん)

第2回 寄せ鍋宝屋 3/3 

http://www.voiceblog.jp/qzt03603/?il=10&io=10#1727556(0:00:00~)

語り手の体験したかつての親友が夢枕に立ったという体験談。その真相を確かめるべく親友の実家を訪ねた語り手さんは、親友のお父上からとんでもない「祟り」の体験談を聞かされます。それは駐車場を作ってくれと依頼された顧客の庭にある祠にまつわる祟りと思われ、取り壊す必要があるその仕事に関わった故でしょうか、お父上は幼い息子さんを事故でなくされたそうです。逆上したお父上はその祠をすぐさま破壊したそうです。すると、さらに不幸は続き……。

▽三柱鳥居の祟り(by 石松さん)

第5回 寄せ鍋宝屋 3/3 

http://www.voiceblog.jp/qzt03603/?il=10&io=0#1727578(0:00:00~)

三柱鳥居とは三つの鳥居を組み合わせたシンボルのことです。建築会社にお勤めの語り手さんのバブル期の体験です。岐阜県某所、三柱神社がある山の開発担当を任命されます。地質調査の段階で、タバコの火を樹の幹で消したり無断で木を切り倒したりした末端のスタッフに厄災が……。ケチがついたということで、上層部に進言してみると幸い開発中止の判断がされ、語り手さんはそのプロジェクトから離れます。ところが、10年後に再度そのあたりの開発プランが浮上するのです。その工事現場で大事故が……。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索