ドアップ・フォローその2 (`・ω・´)∩

2012/06/23 20:56 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
進化してるのかな (^▽^;) ??

その1からのつづき)

このあと、スカイプ会議なので結構焦って執筆を進めています ((((((^ω^;)。

▼「アップ」だけじゃない極意 ((((((^ω^;)

さて、昨日の続きです。ドアップフォローと言えども、実はただ単にドアップで機体を追いかけるだけでは能がなかったりします(汗)。たとえば、終始機首だけをフォローしてもほとんど意味がないし、カッコ悪いのです ( ̄ー ̄;)ゞ。

ちょっと関空での実例をご覧いただきましょう。1996年に撮影したエアホンコンです。これご覧いただくお分かりのとおり、ドアップでは狙えているのですが、かなり苦しいというか尾翼がちゃんとフォロー出来てないでしょ (^▽^;) 。

▽LD74X_VR-HKO_KIX960703――古いエアホンコン

そして、2年後のエアホンコンです。塗装も変わればカメラワークも変わりました。こちらはなんとか尾翼までフォロー出来るようになってるでしょ (^ω^;)。まだブレは激しいのですが……(;^ω^)。まあ、以前から「撮影はスポーツだ」と言い切ってはばからない私とすれば、やっぱりカメラワークの上達はトレーニングあるのみですね (`・ω・´)∩。

▽LD74X_B-HMF_KIX980703――新しいエアホンコン

ちなみに、最近はこんな感じでドアップしてます。やっとここまで来たって感じです。さらにブラッシュアップしたいところですね~ (^∀^ヾ。

▽JL788_JA825J_KIX120409a――最新バージョン ( ̄ー ̄;)ゞ

▼「見たい箇所」をアップでつないで行き機体全体を表現 (`・ω・´)∩

上記のB787@関空を例にさらに補足すると……。単にドアップなだけでフレームをスライドさせると、ランディングギアだとかの肝心なところが見切れてしまうわけです。

▽カッコ悪いフォロー Σ(´д`*)

↑この垂直尾翼の上部が切れてしまうようなフレーミングは、よほど特殊な意図がない限りはやっちゃいけない撮り方と言えましょう (´д`)。

▽カッコイイフォロー (* ̄ー ̄)v

ですので、ドアップでフレームを作り、その「額縁」の中で、どのように機体をクローズアップしていくかということを考えながら、なおかつ、機体全体を時間の流れで表現しないといけないわけですね (b´∀`)b。

とまあ、ドアップフォローはものすごく奥が深い高等テクニックといえましょう。かつては、私の専売特許みたいな感もあったドアップフォローも最近では、S.komatsuさんあたりの台頭で完全に霞んでしまいました(笑)。彼のような「精密」なフォローはぜひモノにしたいです。まあ、追いつけ追い越せで精進あるのみですね (`・ω・´)ゞ。


関連すると思われる記事:


  • ▼キーワード検索