「岡山カーブ」撮影ポイントを探せ (*゚∀゚)ノ その3

2011/10/16 23:55 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
いよいよ本番!徒歩徒歩徒歩で(;´Д`)トホホのホ1311334927

その2からのつづき――なお、当日の動画はこちらです)

▼早朝に岡山入りする新ルート(’.’)

さて、12(水)はいよいよ慣熟飛行訓練初日ですが、お話しは前日の夜からはじまります。訓練スケジュールが発表されたのは11(火)の19時を廻っていましたね。早朝に岡山入りする手段として温存していた「ジャンボフェリー」を使うルートはもう間に合わない時間帯だったのです (つω・、)。

そのルートとは、神戸20:15(ジャンボフェリー)24:15高松1:00(宇高国道フェリー)2:00宇野5:02→5:25茶屋町5:29→5:45岡山 というものです。だいたい3000円弱の旅費ですね。宇野のフェリー待合室で時間つぶしというなかなかハードなものですが (^ω^;)。

羽田からの787の一番機は07:45着と発表されました。そいつをロケハンで決めた総社で狙おうとすると、遅くとも7:00には総社駅には着いていたい。となると、朝イチの新幹線で駆けつけても間に合わないじゃないですか ヽ(`Д´)ノ 。

そうなると、現地周辺のネットカフェで夜を明かすしか手はありません(宿を取るという発想はないの?とツッコミがありそうですね… ^^;)。普通列車を乗り継いで岡山入りするなら、大阪駅発20:30が終電となります。大急ぎで決断しないと……。いろいろ検討していたのですが、ひょっとして大阪~岡山に夜行バスなんてないのかな?と思って調べてみたら、なんと本当にあったのです!

正式には夜行バスじゃなくて、「深夜便」というものですが、両備高速バスで下り便のみが設定されています。OCAT(湊町バスターミナル)23:55→03:00岡山駅西口 というダイヤです。OCATのバスターミナルに問い合わせてみたら、その日の便は空席もバッチリとのこと。

深夜便の割増料金も含めて4,060円ナリ。前述のジャンボフェリー乗り継ぎルートよりもお高くはなりますが、出発日に遅くまで時間を使えるという意味では便利といえましょう。今後、何度かお世話になるルートになりそうです (´∀`)b。

残念だったのは、修理に出していたHDR-FX7のドックアウトが間に合わなかったことです。なんと12(水)――出発当日にソニーサービスステーションに到着する段取りだったのです (〃▽〃)。やむを得ず本番もコンデジ(DCR-HX100V)を持参することにしました。いろいろ準備に追われているうちにもう23時。最後に岡山駅前のネカフェの情報をプリントアウトしたあと、バタバタと出発したのです (^ω^;)。

深夜バス(山陽インターSAで休憩中)

これはサービスエリアで休憩中の模様を撮ったものです。「夜行バス」じゃないので、車内の消灯は行いますが、カーテンで密閉という夜行バス定番の装いはありません(’.’)。空いていたので、三脚も車内に持ち込んでいます。それにしても三脚持参で出撃するのは久しぶりですね…… (;´∀`)。

岡山駅に到着してみると、同駅は深夜でも列車が発着するせいか、駅前のエスカレーターが真夜中なのに動いていたり、24時間モードな駅ですね。駅から徒歩数分のネカフェに転がり込んでひと息つきました (´・Д・`)。

▼JA801Aと再会――岡山にて (*‘ー‘*)

伯備線の始発で総社駅に到着、なにやら、霧が立ちこめている感じのスッキリしないお天気ですが、とにかく、まっすぐに山崎製パンを目指します (`・ω・´)∩。

高梁川土手東岸山崎製パン横

しかし……。これだけ必死こいて準備して現地でスタンバイして、羽田からの便がR/W25(ランウェイツーファイブ)に行っちゃったらどうなるんだろ ((((((^ω^;)。と嫌な予感も……。まあ、今日は北風ですし、私の経験値から早朝便が25に降りてきたことはなかったので、勝手に「787は07に降りる!」と確信して(汗)、高松アプローチに耳を澄ませます (;´∀`)。

ほどなくレシーバーに交信が飛び込んできました。狙いどおり07でILSです (* ̄ー ̄)v 。そして、07:50ごろ、JA801Aが姿を現しました (≧∇≦)/。なんとか撮り終えて大急ぎで撤収します。というのも、総社駅8:37の列車で倉敷駅まで行き、倉敷駅発09:10のリムジンバスに乗らないと、11:35の上がりに間に合わないからです。

そしたら、地元のオジサンが「あれは新しいやつですか?」と声をかけてこられました。三脚を畳みつつ、本番は来月からだけど、テスト飛行でやって来ているといった説明をしました。オジサン曰わく「こんなところで飛行機撮ってる人はじめて見たよ(笑)」。ワタシゃ「これから増えるかもしれませんよ。私が流行らせますから」と答えたのでした( ̄ー ̄)ニヤリッ。

▼空港周辺ブラブラ……

さて、空港ターミナルまでやってきたものの、この日のメインイベントは「岡山カーブ」でタスクを消化していたので、かなりテンションは下がってたのでした (;´∀`)。

以前にも書いたように、夕方便の方が本就航時にはないパターンで貴重ですから、正直日中の上がりは証拠写真的でいいと思ってたのですね。第4駐車場あたりでのんびりと撮って……のつもりだったのですが、ターミナルすぐそばの第4駐車場人多すぎ…… (´д`)。

三脚をセッティングするのもままならない感じなので、ちょっと探検してみるか、と空港東側に移動してみることにしました。いつもなら、機材一式抱えて撮影ポイントを探すなんてあり得ないのですが、いったん下がったテンションがまた上がってきたというこなのかもしれません ♪~( ̄ε ̄;)。

空港の北側、ターミナルの東側には1992年頃によく撮りに来た高台のポイントがあったのですが、ここも今はフェンスだらけですね (-ω-;)。ということで、さらにテクテクと歩いて、お初の撮影ポイントである日応寺自然の森 スポーツ広場を目指します。

ここの公園はフェンスも低くそれなりに撮りやすいことは、事前の情報として把握していたのですが、この種のポイントは「騒々しい」のですヽ(´ー`)ノ。また、岡山空港といえば、私が愛用していた空港南側07エンド近くの「丘」があまりにも「いい絵が撮れるポイント」であるため、他のポイントを積極的に開拓する必要がなかったのですね (;´Д`A。

でも、今回の787岡山ロケは初っぱなからして「岡山カーブ」ですから(でへへ… ^^;)、787ロケに留まらず、今後いろいろな撮影ポイントを攻略していきたいと思います (`・ω・´)∩。

スポーツ広場にて

ということで、787朝便の離陸はスポーツ広場で撮りました。予想どおり結構な人出でした (;´▽`lll“。それなりにいい感じに撮れる場所なんですけど、9時~5時オープンという時間設定も旅客機撮影には厳しいですね。実際、朝便の降りや夕方便は、ここでは撮れないわけですから (´・Д・`)。

ターミナルからこの広場までは徒歩15分ぐらいでしょうか。ターミナルの正面に高台になっている公園がありますが、そこへ上がりひたすら東を目指せば辿り着けます。

ターミナルに戻ってみると、NHKの中継車が……。コンパクトですが、なにげカッコイイかも(・∀・)!

NHK中継車

昼食はラーメンにしよっと♪。ほぼ徹夜でやって来てますから、もう限界 ((((((^ω^;)、燃料と睡眠を確保しないと倒れそうです (lll;oДo)。

ターミナル2階の西側にはベンチが並べてあってひと休みできるコーナーがあります。ここで小一時間仮眠をとったあと、活動再開です (`・ω・´)∩。

その前に、休憩コーナーに展示してあった模型がなにやら凄かったです。JTAあたりから寄贈でもされたのでしょうか (;゚д゚ )???

ターミナルの展示模型

さて、午後の活動開始です。目的地はR/W07エンド南側の丘ですが、その途中の撮影ポイントを下見しながらてくてくと徒歩で攻めます(笑)。徒歩のメリットは、ちょっとした横道を発見したら、すぐにずいずいと入っていって撮れる場所かどうかのチェックがやりやすいところですね。もっとも、今回は機材一式担いでですから、なかなかハードワークでしたが ((((((^ω^;)。

R/W07エンド北側の丘にも寄りたかったのですが、南側の丘へ向かう道路から短距離でアプローチできる場所ではなく、クルマでないと厳しそうなので今回はパスしました。

ターミナルからおおむね30分ほどで、餘部鉄橋(!)に到着です。似てないですか(笑)。↓

通称「餘部鉄橋」ヽ(~~~ )ノ

ここもバリエーションのひとつとしてチェックチェックです…_〆(゚▽゚*)。さらに30分ほど歩いてようやく丘にたどり着きました。

▼1時間遅れの夕方便――そして、まとめ

この日の夕陽はなかなか美しかったです( ^ω^)。JALの73Hが絡んでくれたのでラッキーでしたが、これが787だったらもっと嬉しかったでしょうね (^ω^;)。

→http://www.youtube.com/watch?v=bxhk_9wCqUE

丘から眺めた落日

それで気付いたのですが、「岡山カーブ」を日没時に撮ると、落日と絡む可能性があるのですね。早朝の旋回やギヤダウンしか想定していなかったので、これは盲点だったかも (^∀^ヾ。なにやら、また宿題が増えてしまった感じです Σ( ̄。 ̄ノ)ノ アラマ。

さて、以前にも書いたように、肝心の787夕方便が1時間ほどディレイしてしまったのです。待てど暮らせど787はやって来ず、どんどん暗くなっていったため、丘に集まっていたマニアの方々は一人減り二人減りで、最後はなんと私一人にσ(^◇^;)。

真っ暗ながらなんとか撮れたからよかったものの、撤収しようと周囲を見渡して愕然とした次第です (@д@; )。あの丘ポイントの状況をご存じの方ならお分かりでしょうけど、あそこにぽつんと一人取り残されるのはかなり怖いですよ ~~~(m–)m。

重たい足を引きずりながら、またまた30分ほど歩いてターミナルまで舞い戻り、岡山駅行きのリムジンバスに乗り込みました。いやはや、ホントに大変な撮影でした (oДo;)ゼーゼー。

岡山からは普通列車と新快速を乗り継いで大阪まで戻ったのですが、舞子駅で線路への侵入事件?があったとかで、西明石駅で30分ほど足止め Σ(´д`*)。最後の最後ででかいトラブルがやってきた感じです ┐(´д`)┌ ヤレヤレ。

――とまあ、こんな感じで、787慣熟飛行収録@岡山の初日は終わりました。クルマを持ってないと遠征ひとつとってもタイヘンなのがお分かりいただけたかも (;´∀`)。
それと、撮影ポイントの開拓の難しさですね。地元の方で毎朝散歩で到着便の旋回を眺めているような方にとっては、当たり前の日常にすぎないわけですから……。

しかし、787の追っかけはまだ始まったばかりです(汗)。「どノーマル」な岡山のランディングも丘で狙うつもりですし、この日に回れなかった、北側の丘や餘部鉄橋(汗)、そしてR/W25エンドなど、あちこちの撮影ポイントの攻略も必要です。

いろいろと思うところあって(謎)、今までにないアクロバティックな撮影にチャレンジしていくことを決意しました。その第一弾として「岡山カーブ」の開拓があったわけですね。いろいろなアングル、いろいろな空港、そしていろいろな機体――。これからまだまだ忙しい日々が続きそうです (`・ω・´)∩。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索