私的ベストショット――カメラワーク視点 (* ̄ー ̄)v

2012/01/31 23:59 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
下地島のタッチアンドゴー……かな (^∀^ヾ

たくさん撮り続けているとお気に入りのショットも蓄積されていきますし、「ひとつ」に絞るってのはなかなか難しいのかもしれません。先日某メディアに取材を受けた際にもイロイロとお答えしたのですが、そこでも出なかった「カメラワーク視点」での私的ベストショットを選んでみました(・◇・)ゞ。

▽[下地島] JL772_JA772J_SHI081021

結果はコレです d(ゝω・`o)。あっちこっちでプロモーション用として使っているので「見飽きた」という方も多いかもしれない(汗)、定番中の定番カットです(・∀・)ノ゛。で、なぜコイツをチョイスしたかといえば、カメラワークという視点で特にNaoNakagawaらしい撮り方だからです♪

HDR-FX7(ビデオカメラ)の20倍ズーム目一杯(テレ端)でタッチアンドゴーを無理やりフォローしてしまうなど、ある意味「狂気の沙汰」を平然とやっちゃうのは私くらいのものでしょう。ホントにアホとしか言いようのない撮り方なのです ((((((^ω^;)。

でも、機体のディテールはもちろん、動画の特性としてパーツも含めた「動き」にこだわりたい私とすれば、上昇していく機体の車輪が慣性でクルクル回っている様子までをも抑えたこのカットは、ホントにツボ中のツボだったりします σ(^◇^;)。つまり、自分で見たいカットがやっと撮れたという感じなのですね d(*´∀`)b。

最近は、いろいろな方が旅客機のビデオ撮影に取り組まれるようになってきておりますし、そんな皆さんの上達も目ざましい……。いずれ、こういうカメラワークも私の専売特許ではなくなってしまうのでしょうね (〃▽〃)。

ちょっと寂しい&ちょっと悔しい展開ではあったりしますが(汗)、それはそれで、私好みのカメラワークを若い人たちがどんどん開拓してくれるのは楽しみだったりします (*‘ー‘*) 。

民間パイロット専用の訓練空港である下地島は、JALが撤退してしまいましたし、ANAもなにやら微妙な雰囲気です Σ(´д`*)。とりあえず、今年の夏場はなんとかなりそうなので、最後?の遠征に行きたいものです(´・Д・`)。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索