ターゲットロックオン d(ゝω・`o) その2

2010/04/16 23:55 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
デジイチ動画の夜景も悲願でした ((((((^ω^;)1322146555

その1からのつづき)

▼EOSムービーの場合

最近はEOS 7D関係記事が幅を利かせていますが、別にメインカメラがFX7からEOSにチェンジしたのではありません。実際、函館も桜もFX7で撮ってますから…… (^▽^;)。

そのEOSムービーの夜景ですが、これも実は「こういう絵になるに違いない!」とターゲットロックオンで臨んだ結果だったりします (^∀^ヾ。

ひと昔前なら、暗いシーンはビデオの独壇場で、スチル写真での夜景表現は長時間露光で光点をライン状に流すといった技法しかなかったわけです。

ところが、デジカメの登場とともに、どんどん高感度化が進み、逆にビデオはハイビジョン化で感度が下がるという「退行」ともいっていい展開が既定路線になっちゃったのですね Σ(´д`*)。

被写体が動いているからなんとかそれっぽく見えるものの、ビデオの夜景はツマラナイテーマに成り下がった感がありました。何度か書いていますが、スチルカ
メラの高感度化がうらやましくて仕方がなかった私とすれば<a target=”_blank”
href=”http://flightline.exblog.jp/7629057/”>つがみさんのショットを見たときは、「ああ、ビデオの
夜景は終わった……」と絶望感とも敗北感ともつかない感情に見舞われたのでした (;´Д`)。

しかし、ニコンD90やEOS5DmkIIの登場で状況は一変、さまざまなサンプル(…中にはモロ旅客機を撮影したものもありましたが)を見るにつけ、私の頭の中では、「こういう絵になるに違いない!」とどんどん妄想が膨らんでいったわけです ♪~( ̄ε ̄;)。

幸いにも周囲にEOS5DmkIIのユーザさんが何名かおられましたので、何度かテストさせていただくチャンスにも恵まれ(人脈って大切ですね~)、これは間違いなく「使える」ぞと確信するようになりましたね。

ですから、EOS 7Dの導入においては、当初はレンタルでテストしてから…と思っていたのですが、エイやっと買っちゃったわけです (*゚∀゚)ゞ。

結果はご覧のとおりです ( ̄ω ̄)b。↓

EOSムービーのキャプチャ

今思えば、狙い通りになって一安心という感じもありました(汗)。高価なデジイチに白レンズというある意味「豪勢」な機材を導入して、ハズレだったら目も当てられません ((((((^ω^;)。

▼手段と目的――マッチング

デジイチ動画で撮った夜景は今までのビデオカメラで得られる世界とはまるで「別世界」といえましょう。私の場合は、前述のように、デジイチ写真の艶やかで
くっきりした夜景が動画で撮れたら……が出発点になってましたから、XR520Vごときのどんより暗くうすぼんやりした夜景では力不足も甚だしかったわけ
です ヽ(`Д´)ノ 。

いまだにデジイチ動画については、賛否両論あるようですが、ウワサを聞きつけて導入してみたものの、期待通りに絵が出なかったという方は、狙い(=ターゲット)がズレていたのかもしれませんね。

かなりピンポイントに絞り込んだ用途にしか使えない……という印象もありますから、その意味ではデジイチ動画の導入は慎重に行くべきなのかもしれません (´・Д・`)。

標的を射抜く要件(目的)があったとして、飛び道具(手段)としては、和弓がいいのか洋弓がいいのか、はたまた拳銃やライフルがいいのか、マッチングは適切であるべきでしょう。

デジイチ動画には、出自からして――和弓と洋弓で優劣を言い争っていたら、横からライフルで先に的を射抜かれてしまった――みたいな意外さがありますね (;´∀`)。

でも大切な事は、目的はキレイな旅客機の夜景を撮ることであって、ビデオカメラを使うことではないのです。これを忘れてはなりません。撮りたい絵を実現するために段取りを組み立てる課程においては、こういった考察も必要ですね。

そうすると、先ほどの例え話でいえば、ひょっとすると標的まで歩み寄って指で弾き飛ばすのもアリかもしれない……などと考え出すと、選択肢は無限にあるわけでして、旅客機動画の夜景を撮るにしても、相応しい手段は他にもあるのかもしれません。

私の場合、あくまで動画メインでEOS 7Dを導入したわけですが、デジイチは本来写真を撮る道具ですから、その本来の用途に食指が動き始めてたりしますσ(^◇^;)。

だから、一通り夜景を撮り終えたら売却しちゃうつもりが、手放すのが惜しくなってきたりしています (゚-゜)\バキ。

いずれにしても、長らく憧れの的だったデジイチ動画……。撮りたい絵を夢見て(笑)、モンモンとした日々……。やっと手に入れたEOS
7D……。そして、通常の夜景から雨天の夜景まで、次々と狙い通りの絵が上がっていくプロセス――前回書いたカタルシスはここでも存分に味わえたのでした
(っ´▽`)っ!

その3へつづく)


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索