新刊雑誌短信二題 (*゚∀゚)ノ

2011/11/24 23:59 - カテゴリー: エンタテインメント - 投稿者: ナオ@Webmaster
月刊ビデオサロン/PEN+1314629940

今夜は最近発売された雑誌を二点採り上げます d(ゝω・`o)。まずは、おなじみ「月刊ビデオサロン」から。

▼月刊ビデオサロン12月号

月刊ビデオサロン

→お買い求めはこちらから

もっとも興味深かったのは、双眼鏡+ビデオカメラの複合製品であるソニー DEV-3のレポートです(P.14~)。レポーターの岡野肇氏はなんと羽田の城南島でテストされた模様です。ここって、今年8月にオフ会をとり行なった場所なんですよね (;´∀`)。

こういった製品はお金に余裕のある富裕層向けのオモチャといった印象で、実際、私などは手がでないのは事実です(;´Д`)。しかし、コンセプトは飛び上がるほど面白いですね♪ 実は、旅客機撮影においては、飛来する機体の確認などで双眼鏡は結構必須に近いアイテムであるため、このDEV-3で代用してもいいんじゃないかという気がします (^∀^ヾ。

単に覗いて確認するだけじゃなくて、その映像を録画もできるわけですから、メモ的記録システムとしてはなかなか重宝するんじゃないかと思います (b´∀`)b。

残念ながら、本記事関連の実写動画は公開されていないようですが、記事に添付されたキャプチャを見るだけでも面白さが伝わってきますね。

次に面白かったのは、PCMレコーダの集合テストですね(P.54~)。デジイチなど、音声系が弱いカメラが増殖してますから(汗)、こういったアイテムも注目を集めるようになってますね (^ω^;)。

実は私もかつてはレコーディングウォークマンのDAT版を愛用しておりました。業務用ハイエイトで収録していたころ、そのPCM音声があまりにも酷く、別撮りすることが結構あったのですね ((((((^ω^;)。

ただ、別撮りすると編集工程での映像とのドッキングが結構面倒です。旅客機ウォッチングモノでは、インタビューなどリップシンクレベルのシビアさは求められないでしょうし、波形表示にしてビデオカメラの音声のそれと比較すればタイミング合わせはさほど難しくはありません。

それよりも、長時間同じ現場で収録したりすると、後で目的の音声ファイルを探しだすのが大変なのです (;´Д`)。タイムコードとまではいかなくても、収録タイミングの実時間が記録できると便利かもしれません。

さて、本号には、別冊付録として、ネット生中継関連情報をまとめた小冊子がついてます♪

▼ペンプラス エアライン最新案内!

PEN+

→お買い求めはこちらから

表紙のイラストからして萌えますね(笑)。大変充実した誌面だとは思いますが、P.14の見出し『いま世界を飛んでいるのは、この10機だ。』で、本号そのものの値打ちを台無しにしていると思いました Σ(´д`*)。

要するに、機材カタログといったページなのですが、おそらく当サイトのユーザさんなら『えーっこれだけ??』とツッコミを入れたくなるはずです。そもそも、機体の種類を数値化するなら、「10機種」や「10タイプ」といった表現が適切ですし、根本的に10機種ではありませんから ヽ(`Д´)ノ 。

記事本文を書いた人と見出し&リードを作った人が別人の可能性もありますね。「重箱の隅をつつくなよ」と避難されるかもしれませんが、こういったいい加減な表現ひとつで本号全体の評価を下げてしまっている現実は受け止めてほしいですね。

イラストが思いの他、高品質だっただけに残念です (´・Д・`)。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索