けいおん!電車第2弾 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

2011/09/01 23:56 - カテゴリー: ムービー@鉄道・船舶・パス - 投稿者: ナオ@Webmaster
今度は叡電(えいでん!×けいおん!)1304522347

→えいでん! × けいおん!”列車が2編成に、平沢唯をフィーチャーした車両も(マイコミジャーナル)

先日の京阪 石山坂本線につづいて、今度は叡山電車に「けいおん!」ラッピングトレイン登場です (´∀`)b。

といっても、もともと6月から劇場版公開に向けたヘッドマーク掲示車両は走行していたのですね(721号車)。今回はその車両の中央部にイラストを追加、別の車両(723号車)にもヘッドマークとラッピングを追加ということで2両体制になっています。

実は、前回の大津行きの帰りに、どういうわけか叡山電車のターミナルである出町柳へ寄っていたのですσ(^◇^;)。

今回のロケを予見していた?わけでもないのでしょうが、なぜか出町柳周辺で撮影できる場所を探しておこうと思ったわけです。後述しますが、悪天候のためそのロケハンは活かせませんでしたが (^ω^ )ゞ。

いかにも京都らしい風景

さて、阪急の四条河原町から、京阪の祇園四条までの徒歩区間はいつもの四条大橋を渡りますが、何度みても京都らしい風景ですね。

そう、前回はフリーきっぷを使うため京阪で京都入りしましたが、今回は素直に阪急で河原町までやってきたのです。京阪~叡電のフリーきっぷもあるのですが、叡電の修学院を往復するだけなら、普通にきっぷを買う方が安かったりするのです (・◇・)ゞ。

祇園四条から出町柳まで京阪で移動したあと、いよいよ叡山電車に乗り換えです。で、どこで狙うか?ですが、今回、叡電では「えいでん!×けいおん! トレイン」リアルタイム位置情報把握システムなるサービスを提供しているのです。これは便利!と期待していたのですが、出町柳へ到着するまでに何度かこのサイトに携帯からアクセスしたのですが、どうも2両とも修学院車庫から動いている気配がない Σ(´д`*)?

出町柳で入線を撮りたかったのですが、えいやっと修学院まで行ってしまうことにしました。修学院に着いてみて分かったのですが、721号車はちょうど八瀬比叡山口へ向けて出庫するタイミング(修学院始発)でしたが、723号車はすでに本線を走行中であり、ほどなく上りホームに入線したのですね。つまり、位置情報把握システムは機能していなかったようです (-ω-;)。

まあ、現地で運用を押さえれば、1両編成は出町柳~八瀬比叡山口限定でしょうから、ダイヤの予測もラクチンです♪

ラッピング叡電バージョン

それにしても、事前にリリースでデザインを把握していたとはいえ、石山坂本線に比べるとずいぶん大人しいデザインですこと……(;´Д`)。聞くところによると、京都市には「京都市屋外広告条例」なんてのがあり、電車の広告においてもあまり派手なデザインは採用できないとのこと(’.’)へー。

さて、叡電……そして修学院といえば、以前の生家探訪のトピックで書いたように、私とは浅からぬ縁です(汗)。その修学院にまたやってきたわけでして、本当に縁が深いのかも (;´∀`)。

修学院周辺で走行シーンを撮ったあと、出町柳へ戻ります。しかし、どんどん雨脚は強くなっていきます。出町柳で入線を待っているころには土砂降りになってしまいました Σ(´д`*)。

映画のポスター

出町柳駅北側の前回ロケハンしておいたポイントでの撮影はあきらめて、駅撮りに徹することにしました。今回も撮影機材はDSC-HX100V、例の侮れないコンデジです(笑)。地方私鉄とはいえ、朝のラッシュアワーにかかる時間帯での撮影、しかも駅撮りがメインになりますから、三脚のセッティングにはムリがあります。手ぶれ補正が強力なこういったカメラはホントに戦力になりますね♪

▽YouTube動画(えいでん!×けいおん!)

ということで、動画もアップしました。今回、9月1日で平日ということもあり、同業者を一人も見かけませんでした。前回の浜大津あたりの賑わいを思えばウソみたいです。まあ、徐々に人気も出てくるでしょうし、石山坂本線と組み合わせて遠征する人も増えると思います。

いやあ、劇場版の公開が待ち遠しいです (o^-^)o♪


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索