ボーイング787 今度は岡山(・∀・)ノ゛

2011/07/07 23:55 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
土砂降り撮影……キツかったです (;´Д`A1297873070

ボーイング787の日本での検証プログラムの件、本日7日は岡山&広島への飛来でした。天候も悪そうでしたので、かなり迷ったのですが、思い切って出撃してきました。

もちろん、撮り慣れている……というか、悪天候、使用滑走路などの諸条件を加味した上である程度の勝算が見込める岡山だけにしました(汗)。広島も今後開拓していきたいですね♪

ちなみに、岡山→広島と追っかけで遠征した人も大勢いらっしゃったみたいですよ。もっと言えば、羽田→伊丹→関西→岡山→広島と徹底追跡されている人もいるようです。すんごいパワーですよね ((((((^ω^;)。

さて、今回はスポッター仲間ではもっとも古いお付き合いのひとりであるTOD氏と出撃しました。基本的に撮影ポイントは、空港南側の丘としていましたが、TOD氏によると、私が知らないポイントもいろいろあるようですね。条件を絞ればビデオ撮影にも応用が効きそうで、今後さらに開拓していきたいです ( ・ω・)/。

まずは動画のキャプチャをご覧いただきましょうか。上から3枚目までは到着、あとは出発です。

B787@岡山―1

B787@岡山―2

B787@岡山―3

B787@岡山―4

B787@岡山―5

B787@岡山―6

B787@岡山―7

ただ単に「雨」というレベルではなく、多少の緩急はあれど、基本的に「土砂降り」が続いていた感じの悪天候だったのです ((((((^ω^;)。

私は本稿の冒頭からしきりに悪天候、悪天候と書いていますが、しぶきが舞い上がる、ヴェイパー(煙霧)がたちのぼる、滑走路が鏡面風に反射する……など、旅客機の風景として、雨天は大変魅力的です。悪天候には悪天候の面白みと表現方法があるってことですね (´∀`*) 。

ということで、地元伊丹を中心に、雨天撮影のノウハウは積み重ねてきたつもりですが、今回の岡山はかつてない悪天候でした Σ(´д`*)。基本的な雨対策としては、カメラに市販のレインカバーを早着するのではなく、ビニールでグルグル巻きにするといういつものパターンでした。

レインカバーぐらい買えば?とよく突っこまれますけど(汗)、テープ交換の有無や狙っているアングルによって、臨機応変にセッティングを変えられる使い捨ての「ビニール被せ」の方が私のワークフローにはしっくり来るのです (^ω^ )ゞ。

それでも今回の激しい雨で、かなり内部に水滴が侵入してしまったようで、自宅に戻ってから、さあエンコード……と思ったら、露付き警告が出てカメラが使えなくなってしまったのです (つд`;)。

取り込み前にテープのツメを折ろうと、まずイジェクト操作をした直後に露付きのアラームが鳴り響いたので、心臓が止まるかと思いました。こういう場合にテープがジャムるなどのトラブルが発生しやすいからです。

なんとかテープのイジェクトは無事完了しました。カメラの警告表示では「1時間待ってください」と出ていましたが、結局3時間ぐらい経ってようやく露付き警告は消えました (*´ω`*)ホッ。

まあ、何とか編集とアップロードは完了しました (´・Д・`)。

TODさんをはじめ、本日出撃されていたみなさま、大変お疲れさまでした ((((((^ω^;)。

そういえば、地元岡山ベースのみなさま、ひと段落したらご挨拶させていただこうかと思っていたのですが、機材撤収に手間取っていたら、あれよあれよというまに誰もいなくなってしまったのです(早っ… ^^;)。またお邪魔させていただきますので、よろしくお願いいたします m(_ _;;)m。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索