ボーイング787 伊丹飛来 (* ̄ー ̄)v その2

2011/07/07 00:22 - カテゴリー: 総合 - 投稿者: ナオ@Webmaster
撮影プランをどう組み立てるか (-ω-;)1297779445

その1からのつづき)

あらためまして、昨日伊丹に出撃されたいた皆さま、本当にお疲れさまでした。また、いろいろなサポートや情報提供も助かりました。ありがとうございました m(_ _)m。

それにしても、スカパーがオープン時間を繰り上げてくれたのは本当に助かりました。実は、木曜日に、下見に伊丹……ぢゃなくて(汗)、伊丹に下見に行ってきました。途中で雨がぱらつくし暑いしで大変でした ((((((^ω^;)。

ラ・ソーラ(送迎デッキ)とスカパーでテストしてみたのは、ミニ三脚で旅客機が撮れるか?ということでした。↓

最後の手段、ミニ三脚で撮るか……(;´Д`)トホホ

このミニ三脚、セントレアでフィックスカットを撮る用途で改造したものですが、船撮影などにも大活躍してくれました。でも、本格的な旅客機撮影に用いたことは一度もなかったのです (^ω^ )ゞ。

なぜかといえば、構造がかなりヤワなので、ダイナミックなフォローを要求される旅客機撮影ではムリがある……という大前提を承知で、混雑時はこれに頼らざるを得ないかもという危機感からなのです (;´Д`A。

例のフィンガー入場の抽選ですが、招待状が届いてなければハズレとのことで、私もハズレでしたヽ(~~~ )ノ。前回に記したように、今回は撮影ポイントが極端に少なく、しかも大混雑が予想されていました。

送迎デッキにしてもスカパーにしても大混雑の中でなんとかカメラを振れるようにするため、ミニ三脚に目をつけたわけです。テスト結果は惨憺たるものでした(汗)。やっぱり、この種のイロモノは特定用途以外では使い物になりませんね~ (´・Д・`)。

結果的には、月曜日にスカパーが繰り上げオープンすることが発表されて、いつもの三脚を持ち込めたわけですが……。もし、ミニ三脚で無理やり撮らざるを得ない状況なら、787の「商品価値」を上げるような絵はとてもじゃないけど撮れなかったと思います (*´ω`*)ホッ。

早朝のスカパーを一枚。↓ 開場繰り上げのおかげさまで、まったりと787を迎撃できたといえるのかもしれません。まあ、結果オーライですね (^ω^;)。

朝6:00すぎのスカパーの様子 まだまだまったりしてます

木曜日に念のために確認してみましたが、ラ・ソーラもスカパーもオープン時間の繰り上げは一切ないという回答だったのです。

スカパーの駐車場ですが、開場までクルマの流れをぼんやりと眺めていたわけですが、周囲は工業団地ですから、道が狭いのに大型ダンプやトラックが頻繁に通るんですよね。普通のすれ違いでも気を遣うような状態でした。

もし、3つの駐車場への入庫待ちで行列を作って一車線塞ぐようなことになったら、いろいろと面倒な感じですね。そういう危惧も持ったものですから、市役所に開場を繰り上げた方がいいんじゃないですか?と提案してみたのです……。

木曜日の段階では、まずあり得ないといった感じでとりつく島もない状態でしたが、それ以後にいろいろな人から問い合わせなどがたくさんあったのかもしれませんね。いずれにしても、送迎デッキも千里川土手も大変な盛り上がりでしたから、スカパーが通常通り9:00オープンだったら、とんでもない騒ぎになっていたはずです (((( ;゚Д゚)))。

===

上:スカパー 下:送迎デッキ

スカパーが6:00オープンを実施するかも……という第一報は月曜日の午後に撮影仲間の某氏からもたらされました。まだ公式サイトにも何も出てなかったので、とりあえずスカパーの公園事務所に問い合わせてみたところ、まだ結果は出ていないとのことでした。

でも多分、やるだろうという確信があったので、あっちこっちに、撮影ポイントや待ち合わせ場所などの変更の連絡をしまくりました (^ω^;)。15:00ぐらいには伊丹市公式サイトにも告知が出たので、もう確定です。なんだかホッとしました (;´∀`)。

こうして本番日を迎えたわけですが、伊丹周辺のあっちこっちに展開している撮影仲間と連絡を取り合いながら情報交換していったので、とても効率よく動けた感じですね。

そういえば、仙台に遠征した時も海側の撮影ポイント情報を偵察に出ていた仲間から教えてもらったおかげで、一日の撮影で1チャプターできるほどの収穫となったわけです。そういう意味でも、イイ作品作りには<人脈>が欠かせませんね。あらためてそんなことを思った次第です (´∀`*) 。

そんな撮影仲間のひとり、出雲のだーさんのブログで、787のいろいろな写真が公開されています。禁断のアングルもありますよ(謎)。

===

撮影の合間にはこんな写真も撮りました。「フレー!フレー!」787を応援してます……ということで、恒例のフィギュア記念写真です(笑)。↓

恒例です(笑)「フレー!フレー!」と787を応援 (*゚∀゚)ノ

おっと、フィンガー入場に当選された方からの情報も。中の様子ですが、11番スポットに機体が横付けされたため、機体に近いのは近いけど、撮影には向かない状態だったらしいです。予想はされていましたが、三脚も脚立もエアバンドも持ち込み禁止だったそうです。

そうなると、変に当選していたりしたら、私などは逆に困ったかもしれません。せっかく当たったからイベントには参加したいけど、フィンガーに出てしまうとマトモに撮れないというジレンマに見舞われたでしょうから (;´∀`)。

さて、昼前にB787は羽田に帰還。ひととおり撮影を終えた私たちは、ターミナルに集合してランチでした♪ 空港周辺のあちこちでカメラやら脚立やら三脚を抱えた同業者とおぼしき方々とすれ違いました。本当に祭りの後という感じですね。そういえば、南ターミナルの一角には、787をPRするコーナーができていました。↓

南ターミナル内の787PRコーナー

今回は本当に撮影プランの組み立てて悩まされた(振り回された)感じですね。結果オーライだったからよかったようなものの……。一時期、私は降りは淀川の河川敷で撮ろうかと真剣に考えていたくらいです ((((((^ω^;)。

しかしなんだかんだいっても、伊丹はイイ空港です。撮り終えて改めてそう思いました。B787の商品価値を高めるため……などと書いてきましたが、伊丹空港そのものが旅客機を楽しむためのテーマパークのごとき存在であるといえましょう。

今までの作品で積極的に伊丹をテーマにしてきましたが、単に地元であるというだけではなく、それだけ魅力ある撮影地であるからなのですね !(^^)!


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索