ボーイング787 伊丹飛来 (* ̄ー ̄)v その1

2011/07/05 21:50 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
動画アップしました&B787祭りはネットベース♪1297626570

▼土壇場のスカパー開場繰り上げで急展開⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡

787の伊丹飛来は、本当にひさびさの「お祭り」でした。特別塗装機でもなければ、A380のような派手さもない機体ではありますが、日曜日の羽田のフィーバーぶりの影響でしょうか、伊丹も近年まれに見る盛り上がりぶりでした (;´∀`)。

そもそも到着が朝の7:30予定ということで、スカパースカハラもまだ開いてない時間帯です。正直、私も大慌てでした (;´∀`)。結果的に本命のスカパーが繰り上げオープンというイキな計らいをしてくださったので、大きな混乱はなかったといえましょう (*´ω`*)ホッ。このあたりの経緯と祭りにまつわるエピソードについては、別の記事にまとめる予定です(追記→その記事はこちらに)。

ひさびさに液晶フードを取り付けてみた

ところで、今回は購入以来、ほとんど使っていなかった液晶フードに出動願いました (^ω^;)。酷使しまくっているFX7なので、最近は液晶面のキズも酷くなり、また明るさが足りなくなった?感じであり、ファインダーとしての用途に不安が生じるようになったのです。

まあ、撮影時にも再生時にも時々駄々をこねてくれますし、いよいよ次期メインカメラの選定をしなければならないのかもしれません。いちおう今度買い換えるなら、さすがにテープ式はナシです(笑)。

▼複数作家の持ち味+ネットで盛り上がる「祭り」の構造 d(ゝω・`o)

日曜日の羽田は、きわめて難条件だったと思いますが、みなさんよく撮れていると思います。特に飛鳥山氏のカットは他にはほとんどないアングルで際だっていると思います。南側からのアプローチなのに城南島で狙う……こういう発想は正直私にはありませんでした(汗)。

いろいろウラ話を聞かせてもらったのですが、どうやら何日も前から、城南島に的を絞っていたとのこと。天候や使用滑走路などでカケが当たった部分もあったとはいえ、ちゃんと結果を出してしまうあたり、キャリアはさほど長くないとはいえ、羽田ベースで集中して撮り続けているだけのことはあります d(ゝω・`o)。

飛鳥山さんの成功が私に猛烈なプレッシャーになったのはいうまでもありません ((((((^ω^;)。そもそも、私が伊丹に全力を投じようと思ったのは、機体に近く思い思いのアングルで撮れる――ことで、商品価値を上げたいからです。商品価値といっても、必ずしも映像素材としてのそれではなく、日本に初めて飛来したボーイング787という次世代機を盛り上げるためのお手伝いという感じですね。

まずは「歴史的瞬間記念」の羽田があり、つづいて機体のディテールや動きの面白さを追求する伊丹が来るのは、なかなか興味深い展開だと思います。少なくともネット住人にとっては、「最初に来たのは羽田だったけど、今度は伊丹へ行ったのか!」という具合に、特定の空港や特定の作家だけでなく、次から次へ起こるイベント全体を「祭り」として楽しむことができるわけです。

もう今はそういう時代なんですよね。つかみ所がないというか、ビジネスモデルが見えないともいえるのかもしれませんが、少なくとも、今さらBlu-rayでパッケージ化したところで、ネットでハイビジョンの動画がいくらでも流れている時代ですから、いくら良質のコンテンツであっても、それがブレイクするとは考えられないわけです。DVDならなおさらです。

実は、四季の空港は当初スポンサーを探してメーカーから出そうと考えていました。どこにも相手にされなかったら、自費出版に甘んじているわけではありますが、今思えばその方が身の丈にあっているというか、メインはネットだけど、補助としてパッケージが存在するスタイルがちょうどいい落としどころだと思っています。いや負け惜しみでなく(笑)。

実際、YouTubeやニコ動といったネット動画のサービスがえらく元気になっているかわりに、古式ゆかしきパッケージメーカー様は、ごく一部のアニメを抱えている勝ち組をのぞいては、どこもジリ貧で潰れかかってますよね(笑)。

▼伊丹で狙う意義 (`・ω・´)∩

それはさておき(汗)、とりあえず私としては祭りに華を添える意味でも「伊丹ならではのB787」を撮りたかったわけです。いろいろと文章で説明するよりキャプチャをご覧ください。↓ どれもこれも羽田では見ることができない「商品価値の高い」アングルでしょ (*‘ー‘*) 。

1

2

3

4

ただ、今回私も気負いすぎました。見る人が見れば分かるでしょうけど、離陸のカット、撮影の致命的なミスを編集でカバーしています ((((((^ω^;)。どういうチョンボかはそのうちリカバリーの方法と合わせて別記事に書くかもしれません。とにかく、凡ミスですから、私もマダマダです ヽ(~~~ )ノ。

前置きが長すぎたかも(汗)。ということで、YouTube動画です。

その2へつづく)


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索