シュタインズ・ゲート [Steins;Gate] が面白すぎる件♪3

2011/06/21 19:23 - カテゴリー: エンタテインメント - 投稿者: ナオ@Webmaster
ノベライズ版を読破 (* ̄ー ̄)v1296572164

▼「小説」を読みふける――至福の時 ヽ(゚▽゚)ノ

ハマりまくっているSteins;Gate(シュタインズゲート=シュタゲ)の件。小説版をamazonから取り寄せたのですが、分厚さにびっくり仰天 (;´∀`)。特に第2巻は、まるで京極夏彦を彷彿させるボリュウムです。

ねんどろいど牧瀬紅莉栖+Steins;Gate小説

→amazon

でも、こういった厚い本と対峙すると無性に闘争本能を掻き立てられるのは、読書マニアの性(さが)かもしれません (^ω^;)。まあ、その昔から推理小説は好きだったのですが、主に読んでいたのは西村京太郎の十津川警部ものであり、今思えば推理小説会のラノベと言いたくなるようなシロモノですね(失礼… ^^;)。

「はやぶさ」とか「出雲」というタイトルに惹かれて買ってみた島田荘司には面くらいました。文章がぎっしりと詰まっており、まるで小説みたい(小説だっつーの… ^^;)というお馬鹿な反応の私でしたが、緻密に組み立てられたトリックや予想外の犯人といった推理小説本来の面白さに目覚めさせてくれた作品だったのです。

ちなみに、はやぶさは「寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁」、出雲は「出雲伝説7/8の殺人」です (^∀^ヾ。

これ、私がまだ都民だった時代ですが、当時住んでいた蒲田の駅前に古本屋さんがあって、そこには島田荘司の推理小説がドッサリと在庫していたのです。トラベルミステリー以外は読まないゾと心に決めていたのですが、ついつい「斜め屋敷の犯罪」に手を出してしまったのです。これが運の尽き(笑)。本を読むのに夢中になり気付いたら朝だった……なんて体験をしてしまったのです。

当時から映像製作に携わっていたわけですが、エンタテインメントとしての小説や表現技法としての文章に打ちのめされたような敗北感を味わったのでした。音楽も動画も静止画も好きなだけ扱え、総合芸術だと胸を張っていた映像製作ですが、文章だけで組み立てられた小説にもこれほど読み手を惹きつけ、夢中にさせるような素晴らしい作品があったわけですから。

ある意味、映像製作で出来上がる作品以上に想像力を掻き立てられ、人を元気にするパワーがあるという事実はまさに目から鱗でした。で、文章書けなきゃイイ映像も撮れないな……などという今の私のポリシーが出来上がっていったわけですね (*゚∀゚)ゞ。

以来、『さあ読むぞ』と分厚い小説に立ち向かう事は、それ自体が私にとって至福の時間となったわけです (´∀`*) 。

▼時間軸を遡り人を救う―― (`・ω・´)∩

で、シュタゲ小説版です。ストーリーの骨子は、ふとしたきっかけで「過去へ遅れるEメール」を開発してしまったことから、大きな陰謀に巻き込まれている若者たちの闘いを描くという感じですね。しかし、後半の山場は、抗えない運命(死ぬことが決まっている仲間を救う)を変えるべく、タイムトラベルの手法を使いあれこれ手を尽くすという、重いものへと繋がっていきます。しかし、どのように過去を改変しても、その仲間は死んでしまうのですね。

つまり、作中でいう「世界線」そのものを別のものにつなぎ替えてしまわないと、その仲間は救えないということになるのです。さて、主人公はどうするのか…… (;゚д゚ )???

※世界線とは(Wikiより引用)

  > 簡単に言えば一本の糸。過去から未来まで続いており、様々な可能性が重ね合わせの
  > 状態で内包されて、個々に分岐している。しかし、一本である以上最終的に同じ結果に
  > 辿り着く。
  > つまり過程こそ違えど死んだ人間は必ず同タイミングで死に、死なない人間は何を
  > しようと絶対にそのタイミングでは死なない。

※以下、小説本編(第2巻)より引用

  > 「世界の構造はこの毛糸みたいに、無数の糸が集まった〝より糸〟みたいなものなの。
  > いくつもの可能性世界線が重ね合わせの状態になってて、それらが常に無限個に枝分かれしてるわけ。
  > 全体を見ると一本に見えるけど、ミクロなレベルだとより細い糸が絡み合うように世界を構成してる。
  > そうして絡み合った細い糸は、より大きなレベルでも絡み合う」
  > 
  >  そう言うと(ネタバレにつき人名は省略)は毛糸の橋をつまんで、ぶらん、と垂らして見せた。
  > 
  > 「そして、最終的にはそれらの絡み合った細い糸は、どこかで一つに収束するって予測されてる。
  > この絡み合いを〝収束〟っていうわけ。小さなレベルでも大きなレベルでも常に収束は起きていて、
  > それらの収束点を繋ぐようにして世界は因果律を形成してる。この因果律は絶対のルール。原因は
  > 結果に影響を及ぼす。だけど、世界線理論はそれを〝収束〟の観点から整備し直したんだ。
  > この世のあらゆる出来事は経過は違っても同じ結果になる、っていう考え方」
  > 
  > 「……それって、やっぱり決定論じゃないの? すべての出来事は因果関係のみによって
  > 支配されていて、だから結果はいつも同じ、っていうのを言い換えてるだけに聞こえる。
  > だとすれば因果関係のすべてを知るタイプの『ラプラスの魔』は、量子論的可能性世界や不確定性の
  > 発見で否定されてるわよ。この世界の因果は、常に変化する可能性を否定できない」
  > 
  > 「うん。だからこの理論は、量子論的な部分を取り入れるために〝収束〟っていうファクターを厳密に
  > 適用しないんだ。本当は〝収束〟っていう言い方が正しくないんだよね。ものすごーく適当な、
  > 大小無数に存在するオンとオフのスイッチ、みたいな方が近いと思うよ」
  > 
  >  ……要するに、世界は毛糸みたいなたくさんの糸がそれぞれ縒り合わされ、さらにそれらも
  > 縒り合わされ、といった具合で一本になっているのだが、原理としては無数のスイッチが
  > 切り替わっているすげー適当なものだ、という話か。

作中では「タイムリープ」という、過去の自分に今の記憶を遅れる一種のタイムマシンを使って、仲間を死から救おうという展開となり、ちょっと込みいってはいますが、↑こういったやりとりが繰り返されて、ストーリーはどんどん佳境へと向かって行きます……。どうです? 面白そうでしょ (。・∀・。)?

#極力ネタバレしないようにオハナシを解説するのは難しい ((((((^ω^;)。

▼誰かタイムリープして日本を元に戻して (´;ω;`)

今の時期なら、みんな同じ事を思うのかもしれません。震災だけなら立ち直れたのだろうけど、原発事故は日本というか、日本人の心を歪めてしまった気がします。

現実の日本に、岡部倫太郎や牧瀬紅莉栖は存在しないわけですが、誰でもいいから、タイムマシンを発明して、なんとか日本を3.11以前の状態に戻して欲しいものです。

もっとも、日本の運命といいましょうか、「世界線」が日本破滅という方向性でフィックスされているとすれば、それからは逃れられません。原発事故を防げたとしても、某国からの核ミサイルでやられるかもしれませんし、小松左京ばりの大地震連発で日本の国土が沈没してしまうかもしれません。

つまり、少々過去を改変したとしても、「日本が滅びる」というシナリオ自体は何も変わらないということなのです。小説からの引用もそういう事柄を語っています。世界線自体を別のものに強引に切り替えてしまわないとダメみたいですね (;´Д`)。

事実は小説よりも奇なり――とはよくいったもので、今の日本では、SF小説やパニック小説でフィクションとして舞台設定されていたような世界が現実になっているわけです。本当に悪い夢を見ているようですね。

\ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l’-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r’”,´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,’        :::::…  ..::ll::::    そうだ
   |l    | :|    | |         :::::::… . .:::|l::::   これは夢なんだ
   |l__,,| :|    | |         ::::….  ..:::|l::::    ぼくは今、夢を見ているんだ
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   地震と津波で3万人が死ぬなんてありえないし
   |l    | :|    | |             |l::::   先進国の日本で原発が放射能を撒き散らすとか
   |l    | :|    | |   ””´         |l::::   関東で電気の供給がストップするとかまるで夢物語
   |l \\[]:|    | |              |l::::   目が覚めたら僕はまだ12歳…、
   |l   ィ’´~ヽ  | |           ``’   |l::::   朝ご飯を食べて、涼しい午前中にスイカを食べながら宿題して
   |l-”´ヽ,/::   | |   ””´         |l::::   午後から友達とプールにいっておもいっきり遊ぶんだ・・・
   |l  /::      | \,’´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索