ところでウィングレットはどう処理するの (;゚д゚ )???

2011/01/20 00:01 - カテゴリー: ムービー@旅客機 - 投稿者: ナオ@Webmaster
JAL新ロゴ……マニアックな考察1287929464

昨日の続きです。マニアとして冗談半分に囁いていた鶴丸復活がホントに実現してしまったわけですね (;´∀`)。

ずいぶんとあっさりとしたデザインは、またあちこちで非難囂々になるでしょうね(笑)。でも思い起こせば、今のライジング・サン=通称JJ塗装も発表時は散々叩かれていたような…… ♪~( ̄ε ̄;)。かくいう私も、日記がわりに使っていたBBSで『いい悪いを論じる以前の水準……』などと酷評した記憶があります (^∀^ヾ。

ここはひとつあの「定説」にご登場願いましょうか。何って??あれですよあれ。『美人は三日で飽きる・ブスは三日で慣れる』 (゚-゜)\バキ。

それはともかく(汗)、プレスリリースはB777をモデルにしていたため、ウイングレットのある機体だとどうなるのか気になります (?_?)。ということで、どういうデザイン的処理をするのか、勝手に予想してみました。↓

JAL新ロゴ:ウィングレットの処理考察

さてどうなることやら……。それにしても、ウエットリースで調達した機体のごとく、手抜き的なデザインですこと (´・Д・`)。あまり派手派手なデザインにすると、世間に叩かれそうだから、思いっきり簡素化したってところでしょうか? あるいは、塗装を簡略化してペイント費用を浮かすためだったりして ((((((^ω^;)。

#あと、エコジェットの新しいカラーリングを想像すると、胸が熱くなります (@д@; )。

いずれにしても、また続々と登場する新塗装機と消えていく現行塗装機の「おっかけ」に巻き込まれるわけです。いやはや…… (;´Д`)。


関連すると思われる記事:


Comments are closed.

  • ▼キーワード検索